Field One

Used Bike MONSTER 821 Stripe

中古車のMONSTER 821 Stripeが入荷いたしました。
詳細はこちらからどうぞ。
https://field-one4038.com/bikes/monster-821-stripe-2/

お知らせ

おかげさまで大変多くのお客様にご来店いただいております。

例年以上に修理依頼のDUCATIが増え、当店の限界を超える作業量に達しました。

つきましてはご新規のお客様の修理・作業の受け入れを一時中止させていただきます。

当店としましては可能な限り制限をせずに対応してまいりましたが、
どこかで受入れを制限をしなくてはならない状況となりましたので、
既存のお客様、ご新規のお客様で線を引かせていただくことになりました。

既存のお客様、お問い合わせ済み、修理をお待ちのお客様につきましては、引き続き対応いたしますのでご安心下さい。

修理を検討されていた方には大変心苦しくはありますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 

Used Bike MONSTER 821 Stripe

状態のよいMONSTER 821 Stripeが入荷しました。

生産終了に伴い、以前にも増して人気が高まりつつあるMONSTER 821。
その中でもハイパフォーマンスバージョンに位置付けられるのがこちらの821 Stripeです。
モデル名の通り、白いストライプがフロントフェンダーからタンク、シートカウルに描かれているのが特徴で、ベースモデルの821には装備されないフロントのフェアリングが標準で装着されています。
また、フロントフォークがフルアジャスタブルタイプ、プリロードも減衰力も調整可能になっていることも特徴的です。

現車は新車時より弊社にて継続的なメンテナンスを行ってきた個体となりますので整備履歴はバッチリです。
カスタムポイントはETCとDUCABIKEのライディングステップキット、ブレーキ・クラッチレバー、AELLAグリップエンドになります。
転倒歴は御座いません、サーキット走行も無し、外装に関しましては走行距離、年式をほとんど感じさせない綺麗な状態を維持しております。
詳細はまたブログでご紹介させていただきますので、乞うご期待ください。

全長×全幅×全高 2,170 ×830×1,040mm
ホイールベース 1,480mm
シート高 785-810mm(可変式)
車両重量(乾燥) 179.5kg
エンジン型式 水冷4ストデスモドロミック4バルブL型2気筒
総排気量 821cc
ボア×ストローク 88×67.5mm
圧縮比 12.8:1
最高出力 101HP/8,000rpm
最大トルク 9.1kgm/7,750rpm
燃料タンク容量 17.5L

Used bike Diavel Cromo

中古車のDiavel Cromoが入荷いたしました。
詳細はこちらからどうぞ。
https://field-one4038.com/bikes/diavel-cromo/

Used bike Diavel Cromo

Diavel Cromoの中古車が入荷いたしました。

初代ディアベル、なかなかこれといった個体を見つける事が難しくなってきました。
シンプルで元気の良い1198のエンジンを搭載したディアベルの走りは、より一層軽く感じられてとても魅力的です。
上までスムーズに回るエンジン特性と、210kgの見た目より超軽量な車体の組み合わせはスペック表記に現れない俊敏な走りを実現します。
現在ディアベルを探している方も是非注目していただきたいモデルです。

走行距離は僅か1,060km。
新車といっても過言ではない極上コンディションの1台です。
完全屋内(室内)保管、雨天未走行のため、非常に良い状態を保っています。
点検及びメンテナンスにおいても当社で管理させていただいたワンオーナーです。
そのため、外装、機関系に至るまで非常に良いコンディションを維持した高品質車両となっております。
即納車としてご案内が可能ですので、これから迎えるツーリングシーズンに向けて是非ご検討ください。

詳細は近日中に弊社WEBにてご案内いたしますが、気になる方は早めにご一報くださいませ。



メンテナンスキャンペーン開催!

春のメンテナンスキャンペーンを開催いたします。
ツーリングやサーキット走行に向けて消耗品をリフレッシュしましょう!!
キャンペーン期間は3月19日(土)から5月15日(日)までとなります。 

キャンペーン期間中にタイヤ前後交換をご依頼いただくと、当店通常販売価格から更に30%OFFでご提供!
期間中はタイヤ廃棄処分料は無料となります。
交換作業以外にも、ご来店頂けましたらタイヤの空気圧などの簡易チェックもさせて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。



ドライブチェーン交換をご依頼いただくと、当店通常販売価格から更に30%OFFでご提供!
チェーンメーカーはRKをご用意しております。
各グレードお取り付け出来ますので、詳しくはお問い合わせ下さい。


期間中にエンジンオイル交換のご依頼のお客様にはDUCATI純正オイルフィルターを無料サービスさせて頂きます。(交換工賃別途)
エンジンオイルはShell ADVANCE ULTRAとMOTUL 300Vとelf MOTO4 TECHをご用意しております。
オイルの交換時期の目安は2,500~3,000kmまたは6ヶ月です。
最近交換をさせていない方、この機会に是非ご利用ください。

MONSTER1200s

M1200sさんが緊急入庫いたしまして、タイヤに何か刺さっているとのことで確認させていただきました。

ぶっ刺さっているのを少し抜くと「シューー」・・・・。

パンク修理は恐ろしすぎるので、そのままお預かりさせていただきタイヤ用意しまして交換です。

前後とも摩耗していましたので前後ピレリのRossoⅢに交換しました。

こんな感じの緊急事態にはご対応させていただきますので、お困りの際はお問い合わせくださいませ。

タイヤメーカーは、どのメーカーでも基本的に受付可能です。

それぞれ特性がございますので、ご相談いただければと思います。


 

MONSTER1100s・996

車検整備でご入庫中のMONSTER1100sさん・996MONOさん。
お預かりさせて頂きました大切なドカをより完璧に仕上げてご満足頂けるように作業をさせて頂いております。
少しずつ暖かい日が出てきて、春はもう目の前ですね。
今年の桜の季節も愛車で存分にお楽しみいただけると思います!
納車までもうしばらくお待ち下さいませ♪

MONSTER S2R1000

シートの張替えご依頼です。

またまたイケてるシートが仕上がってまいりました♪

パット見は、パンチングレザーになっているだけのように見えますが、ブラックアルカンターラに赤のステッチ、超高品質な仕上がりです。

印象変わって、個性も出て超クール。

シート張り替えはオススメですよ!


848・HYM・1198

本格的にシーズンインしますと早々に品薄・欠品状態になっちゃいますので早めのご準備がオススメです。

タイヤは路面と車両を繋ぐ、唯一無二の部品。

溝が残っていても偏摩耗や年数経過によるヒビ割れなど、特に感じられている不具合等が無くてもタイヤを確認してみると、かなり年数が経過していたりすることも多々。

空気圧も含めた定期的なチェックも必要です。

ドライブチェーンやスプロケットも同様で、カサカサのチェーン、ダラダラのチェーン、尖ったスプロケット、そう言えば・・・な方はお気軽にご相談下さいませ♪


 

1199R

車検整備ご依頼の1199Rさん

様々な項目の作業がありますが続くときは続く的な感じで故障診断の作業ばっかりの日もあれば、タイヤ交換の作業だったりと同じ項目が不思議と偏ることが多かったりするのですが、ここ最近ご依頼が続いておりますのがフォークのオーバーホールやカートリッジの交換作業。

オーリンズのフォークではウィークポイント的な定番の修理作業となりまして年数や距離が進むと、避けては通れない部分です。

フォークオイル漏れを放っておくとブレーキキャリパーやディスクローターに漏れたオイルが垂れて非常に危険!

今シーズンのスタート前に一度サスペンションの状態をチェックして大切な愛車を常に健康な状態で楽しみましょう♪


998・SF・M800

車検でお預かりしております998MONOさん、Streetfighterさん、MONSTER800さん。
皆さん早くも10〜20年選手となりまして、走行距離もそこそこに。
年数や距離が進めば避けて通れないパーツの劣化や各部のメンテンナスですが、しっかり車検のタイミングに合わせてリフレッシュして生まれ変わった愛車で楽しんで頂けたらと思います。

848EVO

最後のパイプフレームSBK、1098,1198,848シリーズは、絶えず熱いファンの多い人気の名車。

発売から10年以上が経過する今でも入庫台数は非常に多く、ピットを埋め尽くす事も多々。

現在も848EVOさんは車検整備中です。

E/g オイル含め油脂類、タイミングベルト、タイヤなど経年劣化のパーツをリフレッシュ♪

まだまだグッドコンディションで長く楽しく乗り続けるぞ!といった愛情が感じられる848。

定期的なメンテナンスを抜からず施工頂くことによりより良いコンディションを保てるのは勿論のこと、早期発見で余分な出費を抑えられる事もありますので何か気になる点が出てきた場合はお早めにご相談下さい。

MONSTER S4RS

MONSTER S4RSさんは車検整備のご依頼。
日本でバイクを乗り続ける為には必要不可欠な車検作業。
バイクそのもののコンディションを把握しておいて頂くことは非常に大事な作業です。
2年毎(新車は初回3年)に車検が定められておりますが乗っても乗らなくても、定期的な点検は抜からずに。
ベストは、やはり1年毎の点検ですね。
距離が増えれば、消耗し劣化が進むことは避けられませんが乗らなくても、油種類は酸化と劣化。
ゴム類のパーツが痛むことも避けされません。
消耗したパーツは、純正パーツではなくともオススメで高性能な社外の製品に入れ替えちゃうも良し!
はたまた、カスタムして生まれ変わらせるも良し!
車種ごとのウィークポイント一つ一つまで抜からずにビッチリとチェック致します。

Streetfighter848

Streetfighter848さん、ポイントを抑えたカスタマイズを施工。
ルックス・制動力・コントロール性・安心感全てが◎なbrembo、いつの時代も変わらずオススメです!
コントロール性というと、ブレーキをかける時のことばかり気が向きますが、ブレーキを緩める時にイメージどおりに制動力が抜けるのがラジアルマスターでは体感できます。
ノーマルの不満で不安なところをバッチリ解消してくれるアイテム、ルックスだけじゃぁございません!
ブレーキマスター取付の位置変更に伴いスタータスイッチBOXを小型化。
それぞれのリザーバータンクステーはチタンを投入、更に印象が変わって個性アップ♪


Panigale V4 CORSE

オーナー様の希望によりrizomaのウインカーとステルスミラーの極めてシンプルかつ王道のスタイルに変更。
V4 CORSEの魅力がこれで一段と高まり雰囲気たっぷりです。
理想のV4をじっくりと仕上げていく時間を楽しむのは最高の贅沢かもしれませんね♪

400ss JUNIOR

400SSさん、定期的にご入庫いただき継続的なメンテナンスを行ってきました。
30年近く経過したとは思えないほど綺麗で、オーナーの愛情が伝わってきます。

さて今回は基本的な油脂類交換に加え、新車時より交換していなかったブレーキラインのリフレッシュを行いました。
キャリパーは分解したら綺麗に清掃し、各部に異常な磨耗やキズがないかを点検していきます。

製造された年代を考えると、ゴム製のブレーキホース・クラッチホースはステンメッシュ製のホースに交換した方がいいでしょう。
経年によりヒビ割れが発生し、柔軟性も失われています。
今回はトラブル予防の意味での交換でしたが、怪しいパーツは先手を打って交換しておくことがトータルで考えると整備代も抑えられます。
何よりも余計な心配をせずに走行出来ますし、シーズン前にはしっかりとメンテナンスをしておきたいですね。

テールレンズは経年劣化でヒビ割れておりました。
まだ新品で入手が可能です。
交換後はひと目見てハッキリわかるほどにクリアになりました。ライト系をリフレッシュすると、気持ちもいいものです。
400ならではの楽しさを味わっていただけるよう、しっかりと点検・整備を行っておりますので、納車までもうしばらくお待ち下さい。


900MHR

14年ぶりに復活を成し遂げたMHR
全体的に80年代生産とは思えないコンディションを保っていますが、オイルのにじみや見えない部分のゴム類の劣化なども考えられますので、本来の楽しさを存分に堪能していただけるよう、しっかりと仕上げて整備いたします。
タイヤ、ドライブチェーン、前後ブレーキキャリパー、前後ディスクローター
キャブレター、燃料コック、点火ピックアップ、イグナイター、IGコイル、レギュレーター、クラッチディスクなどなど
消耗部品の交換をするなど、各部のコンディションは素晴らしいレベルに仕上がりました。
電気系は予防策として国産品を外から見えない様に施しました。
ブレーキは走行性能を優先すれば現代の部品を選択しがちですが、当時のシルエットが生み出す雰囲気も含めた仕上がりになりました。
新品のキャブレターはセッティングが出ていないため、納得の行く状態になるまでセッティングと試走を繰り返します。
乗る頻度が少ない旧車でも始動、安定したアイドリングも、ここまで仕上げればキック始動の気難しい感じは無いかと思います♪
すべての作業が完了し、納車は軽トラでお迎え。
これで安心してツーリングをお楽しみいただけます。
MHRに乗り続けられる限り、これからも大切にしてあげてください!



 

Streetfighter 848

SF848さん整備のご依頼。
ただ単に走行するだけならば簡易的なチェックでも良いのかもしれませんが、DUCATI本来の楽しさ・気持ちよさを知っていただくためには、一台一台車両に合わせた調整・改良が必要だと考えています。
今まで手がけて来た台数の分だけ蓄積されたノウハウを生かし、可能な限り最良な状態でお乗り出しいただけるよう整備を行っています。

リアサスペンションリンクを取り付けと同時にオーリンズのサスペンションを取り付け。
サスペンションの可動域は驚くほどよくなり、アクセルも開けやすくなりました。
前後タイヤも交換、足回りをリフレッシュすると気持ちがいいですね。
パワーチェックも行いました。
マフラー交換やエアクリーナー交換などによるパワーアップや、経年変化などにより本来のエンジン性能であるか、何馬力かをテスターのローラーを回してパワーやトルクを確認します。
その状況を把握することで、次のカスタムの方向性を見出すことができます。
今後のメンテナンスやモディファイでまだまだ楽しめそうですね。


MONSTER400・SS1000DS

MONSTER400さんはステムベアリングの交換。
この辺は普段はなかなか見れない部分ですが、可動部ですので定期的な点検・交換がお勧めです。
タイヤ・ドライブチェーン・タイミングベルトも同時に交換しました。
消耗品の交換だけでスムーズなハンドリングがたちまち復活します♪
一生付き合っていける、理想的なバイクにしましょう!

SS1000DSさんもステムベアリングの交換。
元気に走っているSS達も、そろそろ集中的なメンテナンスが必要な時期に差し掛かってきたのでは?
単なる汚れだけではなく、各部の消耗も進んでいます。
適切なタイミングで必要なメンテナンスを実施していくことで、まだまだ長く楽しめるバイクです!